社長

森田佐和子/オイシックス・ラ・大地社長の経歴や学歴は?家族はどんな人?

オイシックス・ラ・大地のレシピ開発者森田佐和子さん

おいしっくすと言えば、時短レシピのKit Oisix」が有名ですよね。

森田佐和子さんは、開発当時からこの「Kit Oisix」に携わっています。

みずほ

ここで分かることはこれだよ!

  • オイシックス・ラ・大地の森田佐和子さんの経歴
  • オイシックス・ラ・大地の森田佐和子さんの年収
  • オイシックス・ラ・大地の森田佐和子さんの学歴
  • オイシックス・ラ・大地桜の森田佐和子さんの家族
みずほ

オイシックス・ラ・大地の森田佐和子さんはこんな人!

森田佐和子/オイシックス・ラ・大地の経歴は?

<森田佐和子氏の経歴>

大学卒業後、管理栄養士として企業に勤める。
2013年:オイシックス入社。
現在は、オイシックス・ラ・大地のレシピ開発担当。

森田佐和子さんは1986年、埼玉県生まれです。

現在35歳です。

管理栄養士の資格を取得し、企業で活躍するかたわら、雑誌への記事執筆、飲食店へのレシピ提案、スタイリングなどを行っています。

小さい頃から食べることが大好きだったという森田佐和子さん。

自身がダイエットを始めたことをきっかけに、管理栄養士になりたいと思うようになったのだとか。

自分の考えた新しい料理をたくさんの人に食べてほしいとの思いから、2013年にミールキット事業をはじめたばかりのオイシックスに入社しました。

森田佐和子さんが考案するレシピは、単においしいだけではなく、作って楽しいと評判になっています。

2022年現在、オイシックスの会員は約35万人。

森田佐和子さんの夢が叶い、今ではたくさんの人に、そのレシピが愛されています。

森田佐和子/オイシックス・ラ・大地の年収は?

<オイシックス・ラ・大地の年商>

2021年3月期の売上高は、1000億6100万円。

<森田佐和子の年収>

オイシックス・ラ・大地の会社員としての収入と、著書の印税による収入を合わせて、500万円〜1000万円と推測。

オイシックス・ラ・大地が発表した2021年3月期の売上高は、1000億6100万円でした。

2016年3月期の売上高は、201億5800万円でしたので、5年で5倍に成長したことになります。

オイシックス・ラ・大地が成功した背景には、単に利便性を追求しただけでなく、付加価値で勝負したことにあるといいます。

利便性だけで勝負すると、品ぞろえの良さや配達の速さがもとめられることになり、廃棄ロスが増えてしまったり、物流に投資する必要が出てきます。

そうではなく、有機栽培の青果物を提供することで、安心安全性をアピールしたり、半調理済みのキットを提供することで、時短に罪悪感を抱かせないという工夫を行ってきました。

となると、レシピ開発担当者の腕が試されることになります。

森田佐和子さんは、入社以来、見事にその期待に応えてきたことになります。

森田佐和子さんの年収について調べてみましたが、はっきりとしたことは公開されていませんでした。

オイシックス・ラ・大地株式会社が、有価証券報告書で公表している2022年度の平均年収は、617万円

過去5年間の平均年収は、586万円となっています。

オイシックス・ラ・大地躍進の立役者ですので、給料もそれなりに支払われているものと思います。

また、森田佐和子さんはレシピ本なども出版していますので、そちらの印税収益もあると思われます。

そんなところから、おおざっぱな予想にはなりますが、500万円~1000万円といったところかと思われます。

森田佐和子/オイシックス・ラ・大地の資産は?

森田佐和子さんは、あくまでオイシックス・ラ・大地の社員ですので、資産らしい資産というものは持っていないと思います。

ただ、このまま出世していけば、オイシックス・ラ・大地の株主になったり、あるいは、そのまま社長に昇進という可能性もあります。

女性が昇進して、社長にまで出世したという有名な例に、ブックオフがあります。

41歳まで専業主婦をしていた橋本真由美さんは、ブックオフ1号店の立ち上げのときに、アルバイトスタッフとして働き始めました。

そして、なんとアルバイトから社員になり、2006年には社長にまで上り詰めてしまいました。

森田佐和子さんも、オイシックスの新規事業をここまで育て上げたという点では、功績者であるといえます。

ひょっとすると、女性社長として、名前が挙がってくるかもしれませんね。

森田佐和子/オイシックス・ラ・大地の学歴は?

オイシックス・ラ・大地に所属している森田佐和子さんの学歴をチェックしていきましょう。

出身大学

森田佐和子さんの最終学歴は、東京家政大学家政学部栄養学科卒業です。

大学卒業後は、管理栄養士として病院に勤務していたこともありました。

病院での仕事も、患者が食事を残さず食べてくれたときなどには、とてもやりがいを感じていたそうですが、どうしても自分のレシピが、届けられる範囲に限界があると感じるようになりました。

ちょうどそのころ、「Kit Oisix」のサービス拡大のために、メンバーを広く募集するという求人に出会いました。

直感的に、「私がする仕事だ」と思った森田佐和子さん。

日本中のお客様に、自分のレシピを届けたいと、オイシックスへの転職を決めたのでした。

出身高校は?

森田佐和子さんの出身高校について調べてみましたが、はっきりとした学校名までは公開されていませんでした。

出身地の埼玉県で、家庭学科のある高校にはような学校があります。

  • 埼玉県立鴻巣女子高等学校(公立)
  • 埼玉県立越谷総合技術高等学校(公立)
  • 清和学園高等学校(私立)
  • 埼玉県立秩父農工科学高等学校(公立)
  • 埼玉県立新座総合技術高等学校(公立)
  • 花咲徳栄高等学校(私立)

小さい頃から食に関心があり、管理栄養士になりたかったということなので、高校もこれらの中のいずれかの学校に進学した可能性が高そうです。

森田佐和子/オイシックス・ラ・大地の思想や座右の銘は?

入社して10年弱が経過した森田佐和子さん。

「今の自分を動かしている原動力は?」との質問には、
『もっとうまくなりたい』『もっとわかるようになりたい』『もっとお客様に喜んでもらいたい』という気持ち」だと語っています。

また、仕事を「ただお金をもらうためのもの」にはしたくないとも語っています。

自分も成長を楽しみながら、仕事を通して人や世の中の役に立っていきたいという気持ちが強いとも語っています。

「管理栄養士からサービス企画に転職する際には、不安はなかったのか」という質問には、
不安よりも新しいことに挑戦できるわくわくの方が大きかった」と答えています。

病院の管理栄養士からバリバリの企業サービスの提案者というと、しり込みしてしまいそうですが、森田佐和子さんにとっては、それも一つの楽しみだったようですね。

食に関するバックグラウンドを持つ人ばかりでなく、広告代理店やコンサルティング会社、IT企業などいろいろなメンバーと一緒に、仕事ができたことも、森田佐和子にとっていい刺激になったようです。

オイシックス・ラ・大地は社員の意思によって、どんどん新しいプロジェクトに挑戦することを推奨している会社だそうで、自分ができること、したいことを社内で、一気通貫で手掛けることができるというのも、森田佐和子さんの気質に合ったようです。

より柔軟にPDCAを回して、お客様がより喜んでもらえるサービスに磨き上げていくというプロセスが何より楽しかったのだといいます。

自分の成長が、誰かのために役立つなら最高」というのが、森田佐和子さんの仕事に対する基本スタンスのようです。

森田佐和子/オイシックス・ラ・大地の家族はどんな人?

森田佐和子さんの家族について調べてみましたが、はっきりとした情報は公表されていませんでした。

また、結婚しているかどうかも、はっきりとしたことは公開されていませんでした。

森田佐和子さんが奥さんだったり、お母さんだったりすれば、家族にとって、毎日の食事が待ち遠しいものになるでしょうね。

今は、日本中の食卓にいるお客様が、みんな家族といったところでしょうか。

まとめ

  • 森田佐和子は1986年、埼玉県生まれ。
  • 森田佐和子の最終学歴は東京家政大学家政学部栄養学科卒業。
  • 管理栄養士の資格を取得し、病院などに勤務していた。
  • 森田佐和子は2013年、当時ミールキットの新事業に着手していたオイシックスに入社。
  • 現在は、オイシックス・ラ・大地のレシピ開発担当。
  • 森田佐和子の推定年収は500万円から1000万円。
  • 森田佐和子は自らの仕事の原動力を「『もっとうまくなりたい』『もっとわかるようになりたい』『もっとお客様に喜んでもらいたい』という気持ち」だと語っている。